公開履歴

投資の成功率はそれぞれの投資家の知識や経験に左右される部分が少なくありません。
株式にしろFXにしろ今後の経営状況予測のためのノウハウがあればそれだけ確実性の高い見通しが立てられるでしょう。
この原則はその他の投資の分野においても基本的に変わることはありません。
さて、ではそうして知識や経験に影響される投資と言う分野において初心者が陥りやすい落とし穴としてはどういったものがあるでしょうか。
これにはいくつも挙げられることがありますが、特に重要になるのは「損を受け入れるかどうか」の判断でしょう。
例えばここまである株式に対して100万円投資したのに現状で既に5万円の損が出ている、価格変動は現状でも続いていて安定が見られないというような状況の場合、そこに対して感じることはさまざまです。
しかし初心者がここで陥ることが多いのが「もしかしたら今後持ち直すかもしれない」という考え方なのです。
確かに持ち直す可能性はゼロではありませんが、すでに大きく価値が目減りしているわけですからそこから持ち直すことに過度に期待しすぎてはいけません。
むしろここで考えるべきとなるのは「上がるかどうか」ではなく「下がるかどうか」でしょう。
今回の例においては「既に5万円の損が出ている」という状況にあるわけですが、もしここからさらに株価が下がるとその損失は5万円から10万円まで増えてしまう可能性もあります。
最悪の場合には投資先となる会社の倒産によって、保有する株式の一切が無価値になる可能性もあるでしょう。
さて、もしこの5万円の損が出ている段階で損を受け入れて決済に入れば損失は当然5万円ですが、もし会社が倒産すれば損失は100万円、実に95万円も損失が増えることになるわけです。
こうした損を受け入れる判断は「損切り」とされていますが、初心者はこの判断が出来ずに損をしてしまいがちですので注意が必要です。